それでこの税金は

クルマに乗るあなたであれば知っていると思いますが、自動車税というものの納税義務があります。仕事 辞めたい アフィリエイト

それでこの税金は、手放す車の買取時に一般的に戻ってくるのです。

これについては少しやると分かりますがこれから一つずつ順に詳細に紹介しましょう。

念のため説明をするならば、国産で生産された自動車だけでなく外車などでも税金が還付される範囲になってきます。

当然車などもそうです。

自動車税というのはクルマを所有する人が支払うものなのですが税額はクルマの排気量毎に規定されています。

1リッターより低いのであれば29500円で1リッターから1.5リッター以下の場合34500円になります。

その後は500cc刻みで5000円増えます。

それからこの金額は4月1日の時点で車を所有している人が今年度の全額を支払う定めとなっています。

ということは事前納付になるので当然ですが愛車を手放して、所有者でなくなったケースなどは先に払った分の税は還付されるんですね。

税というのは前払いで来年3月までの税額を支払うから、年度内にクルマを引き取ってもらった際は新しい保有者が自動車税を納めなければいけないということです。

売却相手が買取専門店なら売却時に所有者が支払いすぎた金額を返金してもらえます。

つまり、所有権が移った際以降の税は新しいオーナーが納税義務を負います。

自分が10月にクルマを買い取ってもらった時は、11月以降次の年の3月の間までの払った税金は返金されます。

というのも繰り返しになりますが自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりによるものです。

まとめると、前所有者は売却相手に税を返金してもらうということになります。

個人で車を手放す際に、何気にこのような重要な事実に気づかない人が見受けられるので、きっちり確認するようにしてください。

自動車税という税金は自動車の売却で返ってくることを意外と知らない人が多いからと言ってその事実を悪用する買取業者も存在します。

自分から税金に関しての話題を出さなければ全く自動車税のことに関して説明しないということも聞きます。

ですからクルマの買い取りをお願いする時には、払いすぎたお金が戻ってくることを確認することをおろそかにしないようにする必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dxyldw.com All Rights Reserved.