最も適切な手法はそれ以外にはありえません

普通のFX投資の本では「損失が生じたケースではナンピン買いをすることで、ポジションの平均を買い付け価格を低くする事が出来る」とアドバイスしていたりする事もありますが、正直そこには目に見えないリスクが隠れています。クラチャイダムゴールド 口コミ

まずはじめに、ナンピンの原理に関してごく簡単に説明しておきます。ワキガ 対策

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ワキガ チェック

$(ドル)買いですからドル高に推移するほど黒字が出るわけだが、運悪く1ドル95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。ゼロファクター

そのままの場合ポジションを維持し続けたら利益がでるためには円高になった分、円安に動かなければなりません。ロスミンローヤル 口コミ

皆さん、マイナスはなるべく早く回復したいと思うでしょう。両刃カミソリ

このため最初に売り買いしたのと同じだけのドルを取引します。専業主婦が旦那に内緒でカードローンを申し込むなら在籍確認なしがよい

それで、ポジション全体の平均のコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。2017 福袋

これで、2円50銭の幅で円安が進行すれば、赤字を取り戻す事が出来ます。ライザップ リバウンド

それが、ナンピンの原理です。当日予約 ホテル

このような、ナンピン買いのやり方を聞くと、「確かに」という気分になるが為替はそう簡単には思うようにはいきません。

初めから、1ドル=95円が下値だということなど誰も分かるはずがありません。

例として、マーケットがかなりのドル安基調であるならば95円ではとどまらず、さらに円高が進む確率が高くなります。

例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に、1ドル=95円まで円高ドル安が速んだらナンピンを入れたポジションも、赤字が生まれることになってしまいます。

これでは、一番初めにエントリーしたドルとあわせて、ダブルで損失が生じます。

例示したとおり、ナンピンは厄介です。

それならば、市場が自分自身の台本とは逆に向う場合、どんな対応で危険を軽減すればいいのだろうか。

ここで選べる選択肢は2つだけあります。

まずひとつめは潔く、ポジションを諦める事です。

もうひとつの手段としては自分が保有しているポジションを少なくする事によって、為替相場が回復するのをひたすら待ち望む事だけです。

ずいぶん受動的な手法だとみる人もいるでしょう。

しかし、買いポジションに為替差損が生まれた時、最も適切な手法はそれ以外にはありえません。

なるほど、理屈の上では、ナンピン買いするという手段も有効です。

しかしながらナンピンはあなた自身が損失を出している状態で買いポジションを小さくするどころか、反対に買いポジションを重ねていく考え方です。

これでは、危機を削減することなど、どうやっても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。

けれども、それより先に資金がマイナスになってしまいます。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.dxyldw.com All Rights Reserved.