平等に調べてもらう事が必要です

想像できずに急に出あってしまうのが事故です。

この状況でどう作業したかで自動車保険料の支払金も全く違ってくることも予想できますので適切な決断力と対応力が不可欠です。

予期せぬ出来事に出会って気が動転してしまうと工程を見失ってしまいこの先自分自身が損をしてしまう状況もありますので自動車事故をしてしまった状況では的確に次に述べる行動をしましょう。

乗用車の事故をしてしまった時に第一にすべきなのは重軽傷者の有無を確認する必要があります。

車の事故後すぐは気が動転するあまり何も出来ない状態になってしまうことがありなかなか動くことができないのが当然です。

その状況では、負傷した人がいた場合は安全な地点に移してできる限りの手当をして、周囲に助けを求めるようにして人命救助第一に努めることが重要です。

119番に電話をする場合は明確な場所を伝えて不明な状態では周りのよく知られているデパートや交差点を連絡しその住所を特定できるようにします。

その後で警察に電話して、事故が起きた事さらに現在の状況を告げます。

救急車とパトカーの到着を待つ間に相手側の内容をチェックします。

姓名、住んでいるところ、電話番号、免許証、ナンバープレートの番号、事故の相手側の保険会社名のような互いの内容を教えます。

この時に事故の相手に違反があったような状態では事故現場で処理する場面が考えられますがすぐに処理するのではなくどういう状態だとしても110番や自動車保険会社に届け、平等に調べてもらう事が必要です。

互いの連絡先を伝えたら他の交通のさまたげにならないために邪魔な物を道路から排除します。

もし障害になる物が他の車の邪魔となっている場合には自分と相手の情報を交換する以前にこの対応を行ってしまっても問題はないはずです。

自身の自動車の保険会社に電話をし、車の事故が起こった事を報告します。

事故から特定の時間の内に車の保険会社に連絡を入れないと交通事故の保険の適用除外となる状況も想定されるので気がついたらすぐに行うことが重要です。

また証拠として手持ちのカメラやスマホなどを使って事故の現場や自動車の破損の様子を見ることができる写真を撮影しておきます。

その写真は過失割合を決定するかなり重要な糸口とできますので、あなたの車や相手の自動車の故障個所をしっかりと写真に残しておきましょう。

他の人がいたのなら警官や自動車保険会社の人が駆けつけるまで一緒に待って頂くように頼むのも重要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dxyldw.com All Rights Reserved.